スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告 | page top↑
ダニー・ザ・ドッグ
danny.jpg

監督:ルイ・レテリエ
出演:ジェット・リー モーガン・フリーマン ボブ・ホスキンス
公式サイト

5歳の時に誘拐され、闘犬として育てられたダニー(ジェット・リー)は、高利貸しのバートに連れられ、取り立てと闘いに明け暮れていた。首輪を付けられ、感情さえも忘れていたダニーは、ある日、事故で視力を失ったピアノ調律師、サム(モーガン・フリーマン)と出会う。数日後、バートとダニーが乗る車にトレーラーが突っ込み、なんとか車を這い出したダニーは、サムの元へ辿りつく。回復したダニーは、サムと、サムの娘ヴィクトリアの元、次第に人間らしさを取り戻していくのだが…。(goo)



ジェット・リーとモーガン・フリーマンの共演、見ない手はないということで早速行ってきました。早速…ブログの感想が遅いんです。

首輪をはめられ、絶対服従の闘犬として育てられたダニーの姿は胸が痛くなりました。腹筋で上半身を持ち上げるたびにクマのぬいぐるみにそっと触れる仕草は本当に切なかった。それでいて、首輪を外すと狂犬さながらに人を痛めつける(倒すのではなく徹底的に敵を潰すところが…)というギャップがすごくて、呆然。まさに犬。しかもア○フル犬とドーベルマンの二面性を持つ犬。

この二面性には、フリーマンとホスキンスの身長差が欠かせないと思うんですよ。フリーマンは背が相当高いので、彼と並ぶとダニー(リー)は自然と子供のように彼を見上げることになるし、人見知りのダニーがフリーマンの後ろにオドオドと隠れると、本当に頼りなく見える。そしてこれがまた可愛いのです。逆に背の低いホスキンスと並ぶと、ダニーがやたらと大きく見える。彼といる時のダニーは表情が死んだように少ないのですが子犬のように見えることはありません。
うまいキャスティングだ…。

狂犬時のダニーは結構えぐい戦い方をします。しかも私はアクション映画が好きというわけではありません(何と言うかしつこいんだもん…)。それでもこの映画のアクションは好きです。変な言い方かもしれないんですが、すごく綺麗なんですよ。芸術的というか。「キス・オブ・ザ・ドラゴン」の彼のアクションも惚れ惚れしたし、リーのアクションが好きなのかもしれない。

フリーマンの養女・ヴィクトリアが可愛かった!最初に登場して「Hi」って笑うところからもうキュー…。でもしばらく何歳だろうって不思議に思ってました。10代とも20代とも取れる顔だ。でもあまりピアノが上手そうには見えないと思った。(余計なお世話だ)

あと音楽が好きでした。具体的に言うと、ダニーの乗った車がピアノの中古屋を通る時だけピアノアレンジになるところ。



綺麗で残酷で優しい映画です。
…わ、こう言うとベッソン映画っぽい…。
スポンサーサイト
【2005/07/27】 | - | trackback(0) | comment(0) | page top↑
<<しょぐね | HOME | 夜のピクニック>>
COMMENT
enter comment














管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK
TRACK BACK URL
→http://laughin.blog13.fc2.com/tb.php/16-c5df76de
TRACKBACK TO THIS ARTICLE(FC2 USERS)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。