スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告 | page top↑
バッテリー(1)(2)(3)
battery01.jpgbattery02.jpgbattery03.jpg


あさのあつこ著。

何で途中までしか出ていないものを読んでしまったのか…!!(頭を抱える)正直ここまで面白いと思ってなかったです。やられた。失敗した。あと3冊出るのを指を銜えて待っているなんて辛い。角川はもったいぶらずにさっさと残り3冊を出すべきだ!(机ドン)

キャラクターがいいですね。主人公の巧は今まで見たことがないような主人公です。巧の性格は…「仲間のエラーも許さない完全試合ならノーヒットノーランのほうがいい」と言う『H2』の比呂とは真逆の位置にいる感じかな…。すごいなと思う反面ありえんよなとも思います。13歳で170近い身長はまあさておき。自分が13歳のときはやっぱり思春期だしそれなりに複雑な思いはした(ような気がする)けど、ここまで自分を確立させちゃったら…ちゃってるの…?ちゃってるもん…?

青波は可愛くて可愛くてたまらないんだけど、私はちょっと怖くなりました。何と言うか…全てを知った上であんなに優しく無邪気になれるのは、芯が相当強くないとできない。中身が大人だし、身体が丈夫になったらもう無敵ですよ。でも青波は「保護されるべき存在」だと周囲が認識してるから、彼がある日突然自分の隣にいたら、兄の巧は性格上、感動するより戸惑うんじゃないかと。そしてそう感じてしまう自分に嫌悪するんじゃないかと。そういう日が来るのがちょっと怖いです。
でも青波にはそれだけの強さがある。

海音寺先輩が高校の先輩とダブって仕方ありません。
「あそこに飛んだらアウト一つ取れる」って思うくらい上手だった。主将でショートだった。憧れだった。


そしてこの本のどうでもいいことが小骨のように引っ掛っています。
巧はキャッチャーの身体も構えも大きいとストライクゾーンが広く見えて投げやすいと言っていたけど、里中@ドカベンはキャッチャーが身体をできる限り小さく構えると的が絞られて投げやすいと言っていた気がする。
正解は、巧と里中…DOTCHI!?
(本当にどうでもいい)


巧がボールを投げる瞬間。
周囲の景色も音も雑念も、全て消えるあの瞬間。
味わってみたい。
スポンサーサイト
【2005/07/03】 | - | trackback(0) | comment(0) | page top↑
<<監督不行届 | HOME | Landreaall(6)>>
COMMENT
enter comment














管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK
TRACK BACK URL
→http://laughin.blog13.fc2.com/tb.php/7-bdc36186
TRACKBACK TO THIS ARTICLE(FC2 USERS)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。